新さすまた「御用」

犯人の取り押さえや暴漢制圧に効果抜群!
コンビニや商店などの抑止力として!
捕捉した胴体や足を傷つけないので過剰防衛の心配がありません。
テレビや新聞など多くのマスメディアで紹介されています。(下部記載)

●胴体や足の捕捉のため「さすまた」の先端部分の開口部が広がりやすくなっています。
●一端補足した胴体や足は「抜け止め防止」のため抜けにくくなっています。
●捕捉した胴体や足を傷つけることはありません。
●柄(支柱)は二段伸縮式ですから、保管・運搬・携帯が便利です。

左2本
御用1号縮小時
御用1号伸長時

右2本
御用2号縮小時
御用2号伸長時



    御用1号 御用2号
用 途 胴体補足用 足補足用
伸長時寸法 227cm 205cm
縮小時寸法 148cm 126cm
捕捉部巾(最大) 42cm 17cm
捕捉部高さ 42cm 19cm
柄の直径 3cm 3cm
重量(約) 1.71 1.26
柄の材質 クラッド管 クラッド管
捕捉部の材質 スプリング鋼 スプリング鋼
税込価格 25,800円 20,800円



御用1号(胴体補足用) 御用2号(足補足用)



二段伸縮式




身体に傷を付けないためにクッションを、また
捕捉した後抜けにくいように滑り留めをつけています。



「御用」の上手な使い方
1.「御用」で暴漢を捕捉した場合、押し続けるのが効果的です
 「御用」の捕捉部には滑り止めが付いていますが、「御用」を引くとか押すのを
 やめると、暴漢が「御用」から抜け出やすくなります。押しの一手が一番です
2.「御用1号」と「御用2号」を一緒に使うと効果的ですが、さらに多くのさすまたと
 一緒に使われればさらに効果的です。
 要は、暴漢から身の安全を守り、暴漢を取り押さえるには多数の人がさすまたを
 使用すること
です。そして、多くのさすまたのなかで最も効果的なのが「御用」です


カウンター内で直ぐ手が届く場所に設置 外からも設置していることが確認でき、
抑止力としての効果もあります。


〜マスメディア掲載〜 新さすまた「御用」が紹介されました
2008年01月01日 警備保障新聞に掲載されました
2007年12月18日 小学館発行 「DIME」 2008年1月8日号に掲載されました
2007年12月17日 日本教育新聞に掲載されました
2007年12月05日 TBSテレビ「はなまるマーケット」(防犯特集)で放映されました
2007年11月14日 日経流通新聞に掲載されました
2007年11月05日 農経しんぽうに掲載されました
2007年10月17日 朝日新聞に掲載されました
2007年10月11日 テレビ東京「ワールドビジネスサテライト」で放映されました
(番組ホームページへ)
2007年10月11日 読売新聞に掲載されました
2007年10月09日 日経産業新聞に掲載されました
2007年10月07日 産経新聞に掲載されました
2007年10月06日 神戸新聞に掲載されました